転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

何枚も書いてる人でも、意外に知らないことも!【履歴書・職務経歴書のポイント】

転職、就職もまずは、履歴書から。
ITエンジニアの方も例外ではありません。
大抵の人は、
過去に何枚も履歴書を書いたことがあると思いますが、
案外ポイントが分かっていなかったりします。
単純な無知のせいで、
ちょっとでも評価が下がってしまうのは、
もったいないところ。


すでに知っていることも多いと思いますが、
もう一度、チェックしてみましょう。


●日付
西暦、元号どちらでもいいですが、
履歴書全体で統一しておきましょう。
数字は算用数字です。


●氏名
「ふりがな」の場合はひらがなで記載し、
「フリガナ」の場合ははカタカナで記載します。


●学歴
転職の場合は高校入学からで十分です。
正式名称で書くようにしましょう。
「高校」の場合は、「高等学校」になります。


●免許、資格
仕事に関係のあるもの、
応募職種で生かせる資格だけで充分です。
逆に関係のない資格や免許がかかれていると、
マイナスの場合もあるので注意したいところです。
取得予定のものでも、
仕事に関連しているものなら、
プラスのアピールになるので、かいておきましょう。


●趣味、特技
趣味、特技の欄は、仕事に関係がない部分。
空欄にしておいてもいいような気もしますが、
しっかり埋めておきましょう。
面接の時、ここから、話がはずむかもしれませんし、
相手にとってみれば、
こちらがどうゆう人間か判断するいい手がかりです。
ただ、ギャンブル関連など、
担当者が眉をひそめる可能性があるものは、
避けておきましょう。


●印鑑
印鑑を捺すのは、案外失敗しやすいもの。
履歴書をかく際、最初に捺すようにして、
上手くいかなかったら、
その紙は捨てちゃいましょう。


●写真
履歴書は、途中で書き損じる可能性もあります。
すでに写真を貼ってしまっていたら、
貼り直さなければなりません。
そのことも考慮して、全部書き終わったあと、
1番最後に貼るようにしましょう。


履歴書を何枚も書いていると、
面倒臭くなってきてしまいますが、
会社側にとっては1枚目。
文字が下手なのは仕方ありませんが、
なるべく丁寧にかくように心がけましょう。


最後に、履歴書を郵送、提出する際のポイントもかいておきます。


●書類に折り目がつかないような封筒を使用しましょう。
●書類に汚れがつかないよう、できれば、
クリアファイルにはさんでおきましょう。
●書留での送付は、
担当者の方に余計な負担をしいることになるので、
やめましょう。
郵便料金が不足しないようにするのは、
当然ですね。


どこをアピールすればいい? 職種別【職務経歴書のポイント】


職務経歴書は、履歴書より書きづらい部分があります。
自分のどこをアピールすれば、1番効果的なのか。
職種ごとにそのポイントをかいてみたいと思います。


●システムエンジニア
経験者は、まず実績が1番のPRポイント。
開発環境、担当した役割など明確に伝えることが重要です。
未経験の場合は、
開発する分野のシステムを使った業務経験でアピールしましょう。
資格も重要なので、持っているものは、すべて網羅です。
まだ取得していなくて、これからとる予定のものも、
プラスに働くので記載しておきましょう。


●システムコンサルト
業界の専門知識、
テクニカルスキルも重視される職種だが、
コミュニケーションスキル、
プレゼンテーション力、
人間性も重視される職種です。
業務実績を抑えた上で、
やる気やポリシーのアピールも有効です。
頼りがいなども挟み込みたいところです。


●プログラマー
企業側が求めているスキルを重点に、
習得しているスキルは、すべて書き出しておきましょう。
30歳より上の方は、
プロジェクトリーダーとしての資質も問われてきます。
マネジメントのキャリアなどある場合は、
記載しておきましょう。
SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネジャーへの
キャリアアップのビジョンがあるなら、
これもアピールポイントになります。


●プロジェクトマネジャー
マネジメント能力は、もちろん
クライアントの業界知識、ノウハウも必要です。
実績・実例を挙げてアピールしましょう。
資格も重要、
情報処理技術者やPMP資格があると有利です。


●ネットワーク設計 構築
経験者は、実績と資格をアピールしていきましょう。
資格は、重視されます。
シスコ、オラクルなどベンダー資格が特に有効です。
今はまだもっていなくても、
取得予定、取得目標も記載しておくとプラスになります。
ソフト系のネットワーク設計 構築ならば、
趣味の範囲のゲームプログラミング経験や
ホームページ開設も武器になるので、
しっかりPRしておきましょう。


●社内システム開発 運用
オペレーター、バックアップ、システム監視、保守、サポートデスクなど、
分野によって求められるスキルが違ってきます。
自分の得意分野、スキルのレベルは、明確に記載しておきましょう。
システムアドミニストレータの資格などは、大きな武器です。
未経験者でも
サポートデスク、マニュアル関連の業務経験は役立ちます。
接客や営業の経験もプラスに働くので、しっかりかいておきましょう。




>>【ITエンジニア求人・転職ナビ】希望に合うエンジニア求人を探すためのHP トップページへ戻る

頼りになる ITエンジニア転職サイト紹介

 

どの会社の業績がいい?分野別 ITエンジニア業界情報 

 

転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

 

転職・就職前の準備はOK? ITスキルアップ情報

 

転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(仕事、転職編)

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)