転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

【3DCGデザイナー】CGに関する資格 CGクリエーター検定とCGエンジニア検定

3DCGデザイナー...
3DCGは、資格があるからいいものがつくれるわけではありません。
道具の使い方が多少我流でも、
センスのある人の方が全然仕事になるでしょう。
転職、就職の際も、何かの資格より、
自分のつくった作品の方がアピールになります。


ただ、何もないというのは不安なもの。
自分は、ここまではできると知識があると
客観的に証明してくれるものが欲しいものです。
3DCGの世界にもそういう資格があります。


CG-ARTS協会というところが主催している検定で、
CGクリエーター検定とCGエンジニア検定。
クリエーター検定の方は、
CGモデラ、CGアニメータ、CGデザイナーのような
デザイナーやクリエイターのための検定。
エンジニア検定の方は、
CGプログラマ、ゲームプログラマ、ソフトウェアエンジニアのような
CG分野の開発や設計をおこなう
エンジニアやプログラマーのための検定です。

出題される中身をみてみましょう。
CGクリエーター検定の方は、
◯表現の基礎
デッサン、形、色、タイポグラフィ、レイアウト、
ピクトグラム、ダイヤグラム、ディジタルの基礎、2次元CG、
◯映像制作
写真撮影、動画撮影、映像編集、
◯3次元CG制作
モデリング、マテリアル、アニメーション、レンダリング、合成、
◯関連知識
プロダクションワーク、映像制作を支える技術、
数理造形、知的財産権


CGエンジニア検定の方は、
◯基礎
ディジタルカメラモデル
ディジタル画像、知覚、CGの歴史
◯座標変換
2次元座標変換、3次元変換、投影、
ビューイング、パイプライン
◯CG理論
モデリング、レンダリング、アニメーション
◯画像処理
画像処理基礎、画素ごとの濃淡変換、
空間フィルタリング
◯多様な表現
イメージペースト、レンダリング、
ノンフォトリアリスティック、
レンダリング、可視化
◯CGシステム
ソフトウェア、3次元CGシステム、
入出力装置、3次元ディスプレイ、規格
◯知的財産権


といった感じです。
なかなか幅広く出題されます。
知識より、作品の方が重要ではありますが、
CGの知識があってマイナスなことはありません。
一生CGに関わって生きていくつもりの方なら、
もう一度勉強しなおしてみるのもいいでしょう。
検定という目標があると、
やる気も出てきます。


CG関連では、ソフトの使い方に絞った
Photoshopクリエイター能力認定試験、
Illustratorクリエイター能力認定試験というものも
あります。
こちらもとっておいて損はないでしょう。



>>【ITエンジニア求人・転職ナビ】希望に合うエンジニア求人を探すためのHP トップページへ戻る

頼りになる ITエンジニア転職サイト紹介

 

どの会社の業績がいい?分野別 ITエンジニア業界情報 

 

転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

 

転職・就職前の準備はOK? ITスキルアップ情報

 

転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(仕事、転職編)

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)