転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

【CADエンジニア】CADの資格には、どんなものがある?

CADの資格についてです。
もちろん、CADエンジニアは、
資格より経験の方が大事ですが、
あって損なものではありません。
CADエンジニアの経験を証明するのは、
大変ですが、資格は一発です。
就職、転職活動には、有利に働くでしょう。


CADの資格は、いろいろあります。
CAD利用技術者試験、CADトレース技能審査、建築CAD検定、
Autodeskマスター試験、3次元設計能力検定試験、
バーチャルビルディングスペシャリスト認定試験 、
機械・プラント製図技能士 など。
中には、知らないものもあるかもしれません。
それぞれについて簡単に説明します。


●CAD利用技術者試験
社団法人コンピュータソフトウエア協会主催、
CADオペレータの認定試験。
基礎、1級、2級とわかれています。


●CADトレース技能審査
厚生労働省認定の技能審査。
CADを使ったトレース業務の技能を審査するものです。
機械部門、建築部門、
初級、中級、上級とわかれています。
実技試験と学科試験があります。


●建築CAD検定
機械系CADではなく、
建築CADに絞った検定です。
一般社団法人 全国建築CAD連盟が主催。
准1級、2級、3級、4級にわかれています。
准1級はあっても1級はありません。
1級の相当する能力の設定はできていても
まだ、試験を実施するだけの環境が
整っていないため、とのことです。
准1級をとったら、
1級を目指したいところですが...


●AutoCAD プロフェッショナル試験
●AutoCAD ユーザ試験
CAD業界で大手のAutodeskが、
自社製品のAutoCADの知識、操作能力を問います。
プロフェッショナル試験の方は、中級、上級向けで、
ユーザ試験の方は、初級向けです。


●3次元設計能力検定試験
特定非営利活動法人3次元設計能力検定協会が
実施している検定試験です。
筆記試験と、実技試験があります。
試験科目は、
3次元CAD、JIS製図法、公差設計、機械材料、
強度設計、信頼性設計、要素設計、加工法。
3次元CADだけてもダメな総合試験。
自分の力を試すのにもいいでしょう。


●機械・プラント製図技能士
厚生労働省認定の国家資格。
都道府県職業能力開発協会が実施しています。
学科試験と実技試験があり、
特級、1級、2級、3級とわかれています。
受検資格というものがあり、
1級は、実務経験7年以上
2級は、実務経験2年以上。
特級は、1級合格後5年以上。
知識だけあれば合格できるというたぐいのものではありませんね。


●バーチャルビルディングスペシャリスト認定試験
バーチャルビルディングスペシャリスト、VBSとも呼ばれますが、
グラフィソフトジャパン公認、ArchiCADの資格です。



>>【ITエンジニア求人・転職ナビ】希望に合うエンジニア求人を探すためのHP トップページへ戻る

頼りになる ITエンジニア転職サイト紹介

 

どの会社の業績がいい?分野別 ITエンジニア業界情報 

 

転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

 

転職・就職前の準備はOK? ITスキルアップ情報

 

転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(仕事、転職編)

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)