転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

【ネットワークエンジニア】抑えておきたい情報処理技術者試験とCisco技術者認定

ネットワークエンジニアの数は、不足しているといわれていますが、
高い専門性が求められるため、
誰でも彼でもなれるものではありません。
未経験者が採用されることもほとんどない分野です。
転職の際、実務経験は重要なポイントですが、
IT関連の資格も当然抑えておきたいところです。


ネットワークエンジニアが持っていると有利な資格は、
情報処理技術者試験、技術士。
資格で仕事をするわけではありませんが、
自分のITの知識、能力を
客観的に示してくれるものには、なってくれます。
これから転職、就職する人が、必要なものといえるでしょう。


ただ、情報処理技術者試験、技術士は、日本の国家資格。
海外では通用せず、
外資系企業ではあまり有効ではない資格だったりします。
外資系企業を狙っている方には、
Cisco技術者認定という、
世界大手のネットワーク機器メーカーが認定している
民間資格があるので、これの取得を目指しましょう。


情報処理技術者試験は、レベル4まであります。
レベル1のITパスポート、
レベル2の基本情報技術者試験、
レベル3の応用情報技術者試験、
レベル4にはネットワークスペシャリスト試験、
情報セキュリティスペシャリスト試験。


ネットワークエンジニアである以上、
ネットワークスペシャリストを
目指したいところです。


シスコ技術者認定(Cisco Career Certification)
の方は、レベル5まであります。


レベル1 エントリー認定
CCENT
CCT


レベル2 アソシエイト認定
CCNA Routing and Switching
CCDA
CCNA Data Center
CCNA Security
CCNA Service Provider
CCNA Service Provider Operations
CCNA Video
CCNA Voice
CCNA Wireless


レベル3 プロフェッショナル認定
CCDP
CCNP
CCNP Data Center
CCNP Security
CCNP Service Provider
CCNP Service Provider Operations
CCNP Voice
CCNP Wireless


レベル4 エキスパート認定
CCDE
CCIE Collaboration
CCIE Data Center
CCIE Routing & Switching
CCIE Security
CCIE Service Provider
CCIE Service Provider Operations
CCIE Wireless


レベル5 アーキテクト認定
CCAr


上には上がある...なんて言葉がありますが、
シスコ技術者認定の最高水準の認定が、
CCAr
まさにピラミッドの頂点です。
レベルの高さは、折り紙つき。
世界規模のエンジニアとして評価されるでしょう。
CCArまで取得する必要はないでしょうが、
上があると頑張っちゃう人も多いでしょう。
目標がある方が、
仕事にも張り合いが出ます。


ちなみに、シスコ技術者認定は、
エキスパート試験になると費用が130,000円程度がかかります。
ラボ試験も実施されるためだからですが、
試験で、10万円以上は痛い金額です。
準備を万全に整えて臨みたいところです。


昔のように、
一つの会社で定年まで勤める人ばかりなら、
資格は不要なのかもしれませんが、
そうゆうのは稀です。
資格とは、自分のことを知らない人に、
自分の能力を示す名刺みたいなものでしょうか。
転職が多い人ほど、取得しておくと役立ちますね。



>>【ITエンジニア求人・転職ナビ】希望に合うエンジニア求人を探すためのHP トップページへ戻る

頼りになる ITエンジニア転職サイト紹介

 

どの会社の業績がいい?分野別 ITエンジニア業界情報 

 

転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

 

転職・就職前の準備はOK? ITスキルアップ情報

 

転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(仕事、転職編)

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)