転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

【Webプロデューサー・Webディレクター】似ているようで違う要求される力

WebプロデューサーとWebディレクターは、
境目が曖昧な場合もありますが、
わけて考えた時に、それぞれに必要なスキルをみてみましょう。


●Webプロデューサー
プロデューサーといえば、
TVや映画などでは、その番組や作品のトップ。
1番責任の思い仕事といえます。
Webプロデューサーの場合も同じで、
そのWebサイトの制作プロジェクトでトップ、
全てを統括する立場の人です。


Webプロデューサーに必要なスキルは、総合力。
Web制作の専門的知識もあって困るものではありませんが、
制作の実作業に関わるわけではないので、
そこまで必要ではありません。
それよりも
◯クライアントへのプレゼンテーション能力、
◯市場やトレンドを把握するマーケティング能力、
◯クライアントとスタッフ、両方の間にたって、
うまく導くためのコミュニケーション能力、
◯納期までに間に合わせるプロジェクトマネジメント能力
などが重要になってくるでしょう。
もちろん、発想力、アイデアを思いつく力は、
当然いります。

また、クライアントがサイトをつくるのは、
売上アップの手段。
それを実現させるためのビジネスセンス、
経営側の視点も持たねばなりません。


まさに、総合力。
IT関連の力というより、
人間力が要求される職種というところでしょうか。


●Webディレクター
ディレクターといえば、監督、
現場監督の存在。
WebディレクターもWeb制作が舞台の
現場監督さんです。
進行管理、品質管理の責任者といえます。


Webディレクターに必要な能力の一つが、マネジメント能力。
Web制作といえば、
Webエンジニア、 Webデザイナー、
HTMLコーダー、 Webライターなど
いろいろな人間が関わってきます。
たくさんのスタッフを指揮し、
まとめあげていくというマネジメント能力が要求されます。


Webサイトの制作の過程を熟知していなければ、
スタッフに的確に指示を出すことはできません。
Web制作につかわれる基本ソフトも、
当然知っていなければいけないでしょう。
Adobe Photoshop、
Adobe Illustrator、
Adobe Dreamweaverなどです。
ある程度使えるぐらいのレベルなら、
そこまで時間のかからないソフトです。
ほとんど触ったことのないソフトがあったら、
時間のある内に、マスターしておきましょう。


コミュニュケーション能力も必須でしょう。
社内スタッフだけではなく、
外部の人間にも接します。
Webディレクターは、
クライアントとの打ち合わせにも参加します。
相手の求めているものを的確にくみとる力が必要です。


現在は、ソーシャルアプリ、スマートフォン向けサービスの
企画・管理者としてのWebディレクターやWebプロデューサー
の需要が高まっています。
SNS、SEM、フラッシュマーケティング、
旬な媒体に携わった経験があれば、評価も高いです。
企業が欲しいのは、即戦力。
日々能力を磨き、実績を積んでおきたいところです。



>>【ITエンジニア求人・転職ナビ】希望に合うエンジニア求人を探すためのHP トップページへ戻る

頼りになる ITエンジニア転職サイト紹介

 

どの会社の業績がいい?分野別 ITエンジニア業界情報 

 

転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

 

転職・就職前の準備はOK? ITスキルアップ情報

 

転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(仕事、転職編)

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)