実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)

知っているから面白さ倍増!ITエンジニアが主役の映画や漫画

ITエンジニアが主人公の映画や漫画も存在します。
娯楽ぐらい、仕事と離れたいなんて人いるかもしれませんが、
知っているからこそ面白さが倍増する部分もあるでしょう。
少し紹介します。


●ITエンジニアが主役の映画


『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』
名前は、聞いたことのある人も多いでしょう。
元は、2ちゃんねるの人気スレッドで書籍にもなっていますが、
その映画版です。
主演は小池徹平。
引きこもり生活を送っていた男性が、
母の死をきっかけに、プログラマーになり、
小さなIT企業で働くようになるという話。
新しい会社に入り、新しく仕事を始める、
ちょっとした疑似体験ができます。
今就職活動、転職活動をしている方は、
反面教師的なものも含めて、
何かの参考になるかもしれません。


『ソーシャル・ネットワーク』
フェイスブックFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグ達のお話です。
今でこそフェイスブックは、当たり前のように知られていますが、
この映画が公開された2010年は、
日本ではまだまだマイナーな存在でした。
映画の話は、単なる成功譚ではありませんが、
一大学生が、一気に億万長者になっていくのには、夢があります。
IT業界には、まだまだ金脈が隠されているはず、
何とかみつけたいものです。


『ファイヤーウォール』
ハリソン・フォード主演のサスペンスアクションの映画です。
主人公が、コンピューター・セキュリティの専門家という設定です。
誰にでも分かりやすいがモットーのハリウッド映画なので、
ITエンジニアだからこそ楽しめるという部分は少なめです。
つっこみポイントを探しながらみると面白いかもしれません。


●ITエンジニアが主役の漫画


『SE』
此ノ木よしるという方が作者の
その名もずばり、SEという
システムエンジニア漫画です。
SEを目指す主人公が就職した会社の社長は、
女子高生の天才SE。
システムエンジニアのネタをがっつりやるよりは、
SE設定のギャグ漫画という感じ。
息抜きに読むのに丁度いいでしょう。
まだ連載が始まったばかりなので、
読み始めるのにも丁度いいかもしれません。


『なれる!SE』
なれる!SEなんてタイトルだと、
ハウツー本のように感じますが、
ストーリー漫画。
原作があるようで、小説に抵抗のない人は、
こちらの方がいいでしょう。
がっつり専門用語など出てくるので、
そうゆうものを求めている人は、満足できるでしょう。


『ぼく、オタリーマン。』
作者がSEをされている方で、
ブログにかかれていたコミックエッセーを書籍化したものです。
絵も上手で、気軽に読めます。
ただ創作じゃない分、
現実に思い当たる節ががあって、
のれない人もいるかもしれません。
面白いと思った方は、
5巻まで出ているので、
まだまだ楽しめますね。


一部ですが、ITエンジニアが主役の映画、漫画を
紹介してみました。
まだまだ、ITエンジニアが主役のものは、
小説、ドラマなんかを含めても少ない感じがします。
見せ場がつくりにくいからでしょうか。
本格的なサイバー犯罪テーマにした作品とかなら、
大ヒットしそうな気がするんですけどねぇ...
案外、小説家や脚本家は、
ITの知識が乏しいのかもしれません。
だったら、あなたはどうでしょう?
就職、転職活動中のあなた!
ITエンジニアの知識を元に、
おもいきって作家に転身!
可能性は、ゼロじゃないような気がします。



>>【ITエンジニア求人・転職ナビ】希望に合うエンジニア求人を探すためのHP トップページへ戻る

頼りになる ITエンジニア転職サイト紹介

 

どの会社の業績がいい?分野別 ITエンジニア業界情報 

 

転職前に再確認!職種別 ITエンジニアに必要な資格、スキル

 

転職・就職前の準備はOK? ITスキルアップ情報

 

転職・就職の成功率を上げるためのマル秘テクニック

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(仕事、転職編)

 

実はこんなことが…あっと驚く ITエンジニア裏話(生活編)